ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、住宅の高断熱化と高効率設備により、快適な室内環境と大幅な省エネルギーを同時に実現した上で、太陽光発電等によってエネルギーを創り、年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量が概ねゼロ以下となる住宅です。

国は「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において「2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」という目標を定めています。

これは、各家庭において使用されるエネルギー消費量が石油危機以降約2倍に増加し、全体の15%を占めるまでになっていること、災害等によるエネルギー価格の不安定化を受けて、家の省エネルギー化が必須となってきているためです。

ハウジング重兵衛ではH28年度よりZEHへの取り組みを始め、H28年度実績は1棟でした。

ZEH受託率目標 実績
平成28年度 0% 1棟(5%)
平成29年度 10%
平成30年度 20%
平成31年度 30%
平成32年度 50%

具体的なZEH普及策

【1】ZEHの周知・普及に向けた具体策

・自社にて行われている住宅完成現場見学会の開催時に、一般のお施主様向けにZEHパンフレットを配布し、ZEH住宅の説明を行う。

【2】ZEHのコストダウンに向けた展開案

・ZEH住宅になるような住宅仕様の企画化、計算等の簡略化を前提としたZEH住宅のパッケージ化を行う。

【3】その他の取組みなど

・ZEH住宅に必要な省エネ計算(外皮計算)の外注コスト軽減を目的として、自社で計算が完結可能な体制の整備と人員確保を行う。

JUKEBOXと遊雅・粋快はZEH対応住宅です。

モデルハウスへ是非ご来場ください。