注文住宅の設計コンセプト

周囲と調和し、開放的で家族が明るく元気に暮らせる家

自由設計の注文住宅では、その名の通り「自由」に作ることができます。でも実際には自由に作れるからこそ悩めるのです。

住む環境としての美しさや、快適さを生む設計にはルールがあります。お客様との対話でご要望をお聞きし、ルールに従って整理して図面に落とし込んでいきます。周囲と調和し、開放的で家族が明るく元気に暮らせる家を目標にして、ご家族が新しい家でどのように暮らしたいのかを形にしていきます。

設計の考え方

敷地・立地 形、間口、方角、周囲の建物、自然環境
空間 開放感と心地よいプレッシャー
間取り 家族の構成と自然発生的コミュニケーション
暮らしやすさ 楽しい家事と高い収納性
インテリア モダンと木のぬくもりの融合

敷地・立地

土地は家づくり全体の土台

土地はオンリーワンであり、世界に2つと同じものはありません。

形や間口、方角は家の様々な形を決め、周囲の建物や自然環境は、家の外観や素材に影響を与えます。

家は土地の上に建てますが、物理的な意味だけでなく、土地は家づくり全体を考える土台となります。

空間

空間は人の感覚・感情に働きかける

人は空間から様々なことを感じています。

暑い寒い、狭い広い、明るい暗い、固い柔らかいといった感覚から、心地よい、落ち着く、不安、寂しいといった感情的なことまで。

空間の大きさ、形、空間同士の繋がりを設計し、空間が人の感覚や感情にどのように働きかけるかをコントロールすることで、住み良い空間を作っていきます。

ではどのようにコントロールするのか?

開放感だけあれば良いのであれば、きっと屋根は透明な家が良いでしょう。でもきっとそれでは落ち着かないのではないでしょうか。

一方で、小さい頃に隠れんぼをして入った押入れの中が妙に落ち着いた記憶はありませんか?

開放感と心地良いプレッシャーを両立した快適な空間づくりを目指しています。

ハウジング重兵衛が大切にしている色々なルール

  • ① 光と風のコントロール
  • ② 抜ける視線
  • ③ 高さのメリハリ
  • ④ 室内と室外のつながり
  • ⑤ 便利な土間
  • ⑥ こまめな収納
  • ⑦ 階段下、屋根裏の有効活用
  • ⑧ 街並みに溶け込む外観

間取り

人と人との交わるポイントづくり

人は家の中で移動します。

玄関から入り、リビングに集まって会話をして、自分の部屋でプライベートを楽しみ、家事をします。

家の中の動線を考え、コミュニケーションが生まれやすいポイントを作ることで、自然と家族との絆が強くなります。

間取り – 2世帯住宅

世帯同士の交わり方のコントロール

若いご夫婦からご両親と2世帯住宅を建てたい、というご要望が年々増えてきています。

これまでの2世帯住宅リフォームの経験を活かし、ご家族の構成と暮らし方に合わせた間取りのご提案をしています。

具体的な考え方についてはリノベーションサイトの2世帯住宅リノベーションをご参照ください。

ハウジング重兵衛リノベーションサイト

間取り – 平家

贅沢でミニマムな暮らし

2世帯住宅と同様に、高齢のご夫婦からは平家を建てたいというご要望が増えています。

子供達は独立したので部屋数は多くなくて良いし、昇り降りやお掃除が大変だから2階はなくても良い。

平家暮らしがちょうど良いというお声を多くいただきます。

ハウジング重兵衛ではこうした声にお応えして、平家モデルハウスを建築しました。

高齢者の方も暮らしやすいバリアフリーで、地球に優しいゼロエネルギー住宅です。

終の住処として、豊かに快適に暮らす工夫を詰め込みました。是非モデルハウスで体験してみてください。

平家モデルハウスページ

暮らしやすさ

収納はこまめに

最近ではウォークインクローゼットのある家が増えてきましたが、ウォークインクローゼットは普段使わないものをしまったり、出かける時にだけ必要なものをしまったりといった使い方で、個別の収納を補完する役割だと考えた方が良いです。

それぞれの部屋で使用するものはそれぞれの部屋の収納に入りきるように設計した方が使い勝手がよく、部屋をスッキリさせることができます。

また、ハウジング重兵衛オリジナルの建具は収納とともにインテリアとなって空間を彩ります。

楽しいキッチン

以前の家では、キッチンは独立した空間としてリビングやダイニングからは切り離されており、奥様の城と呼ばれていました。今でも奥様の城であることには変わりありませんが、より開かれたお城へと進化しています。

キッチンは一人で黙々とお料理をするのではなく、家族とコミュニケーションをとりながら料理を楽しむ場所、リビングダイニングの一部として見せる場所になりました。

オープンになった分、背面や床下、吊り戸棚で収納を十分に設けてスッキリ整頓できるようにしています。

インテリア

大工の会社の目利きが選ぶ木材とモダンデザインとの融合

5代110年続く大工の会社ハウジング重兵衛は、長年、地域の寺社仏閣の修繕や、戸建建築、リフォームを通じて養われた木材に対する目利き力と加工技術があります。

木によって異なる木目や色合いと、シンプルモダンやフレンチ・カントリーといった様々なデザインとの組み合わせや、硬さ等の性質に合わせた床・柱・腰壁といった部位への使用をご提案します