header

Point.1過去最低の住宅ローン金利

グラフの青い線をクリックすると金利が表示されます。

3000万円の借り入れをする場合、フラット35(借入期間21年~35年)の2013年7月の金利と2016年8月の金利では、毎月の返済額にして1.7万円、総返済額にして708万円も違ってきます。住宅ローン金利は長期金利(10年物日本国債)に連動して決まると言われていますが、日銀によるマイナス金利の影響を大きく受けて過去最も低金利となっています。

しかし、日本より先行してマイナス金利を導入したヨーロッパでは、結果として住宅ローン金利が跳ね上がった事例もあります。消費増税の据え置きと、過去最低の住宅ローン金利の今、資金的には住宅購入の大きなチャンスと言える環境です。

Point.2太陽光発電の売電価格は年々引き下げ傾向

売電価格は年々低下してきています。2012年度 42円/kW、2013年度 38円/kW、2014年度 37円/kW、2015年度 33円/kW、そして2016年度 31円/kWです。

年間の売電額にすると、42円時で約12万7千円、31円時で約9万4千円となり、年間約3万円違うことになります。

そして、2019年度には24円/kw程度まで引き下げることも検討されており、早めの導入がおすすめです。

baiden

Point.3長期優良住宅で充実の住宅ローン減税

長期優良住宅は一般住宅に比べ、住宅ローン控除が優遇されます。また、長期優良住宅では不動産取得税・固定資産税など各種税制優遇が充実しています。

ハウジング重兵衛のジュークボックスなら全邸「長期優良住宅」認定を取得しているので、各種優遇を最大限に活用することができます。

※記載の優遇措置は一定の条件(認定長期優良住宅)に基づいたもので、購入する住まいの条件によっても内容が異なります。詳しくはお尋ねください。

rone

Point.4現金が帰ってくる!すまい給付金

「すまい給付金」とは、消費税引き上げによる、住宅取得者の負担を緩和するために、現金が給付される制度です。

給付対象は自己居住のために住宅を新築もしくは新築住宅を取得する場合、または、中古住宅を取得する場合に給付されます。給付については、住宅の種類及び取得方法に応じて、いくつかの必要な条件が設けられています。

sumai